イギリス

512
512
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国を構成する国の一つ。公用語は英語。世界に先駆けて、工業化が進んだ。
時代 近代
世紀 20世紀
地域 西ヨーロッパ
公用語 英語
首都 ロンドン
地名 ブルームズベリー
GDP 970000000.0
人口 20000000.0
ライセンス
日時 1911年
文化 シェイクスピアをはじめとして、世界的に知られている作家は数多い。19世紀には、サッカーが発展した。
医療・衛生 工業の発展とともに環境汚染が進み、テムズ川の悪臭問題やコレラの流行などにつながる。
宗教 16世紀、ヘンリー八世の離婚問題を契機として、ローマ教皇庁から独立したイングランド国教会が成立する。
歴史 1801年、グレート・ブリテン王国とアイルランド王国の統合により、グレート・ブリテン及びアイルランド連合王国が成立する。18〜19世紀にかけて、産業革命により、世界随一の工業国となる。
政治体制 政府は、国王に任命された首相と大臣により構成される。
Life 産業革命により、工業技術は飛躍的に進歩しているが、環境汚染が問題化し、市民のあいだには疫病が蔓延している。
軍事 陸軍:約10万人
海軍:約10万人
空軍:約10万人
警察 ロンドンの警備は、ロンドン警視庁が担っている。
交通 産業革命以降、鉄道網が発達。
工業・技術 18世紀から19世紀にかけての産業革命により、世界に先駆けて工業国となる。
科学 ニュートンやダーウィンといった科学者を輩出している。19世紀後半には、科学ジャーナルNatureが創刊される。
外交 ナポレオンを破るまで、最大の敵国はフランスであった。
多数の植民地を所有するが、18世紀後半にアメリカ独立戦争が起こり、アメリカが独立。

気候 西岸海洋性気候。雨がよく降るが、一年を通して穏和な気候。
教育 オックスフォード大学をはじめとして、世界最高峰の大学があるが、一方で下層階級の識字率は低かった。
商業 17世紀以降、新大陸との貿易によりイギリスの商業は大幅に発展した。
特記事項 ※使用した画像は、Wikimedia Commonsにあるパブリック・ドメインのもの。