パップン王国

512
512 512
七つの海の一つ、青海に面した貿易で栄えている小さな王国。
面積は小さいものの、商業に活気のある王国であり国民は豊かに暮らしている。
貿易の中でも特に香辛料の商業で栄えており、パップン王国でのエリートといえば香辛料の貿易商人の事を指す。

時代 大航海時代
世紀 15
地域
公用語
首都 パックス
地名
GDP 0.0
人口 0.0
ライセンス
日時
文化 貿易が盛んな為、とりわけ港町やその周囲の地方には様々な人種や国籍の人が生活しており、多国籍の文化が融合し独自の文化を築いている。
その為、とりわけ料理のバリエーションが各家庭内や地方内で高い完成度を示すのでパップン王国では「〇〇国料理」という言い方はせずに「〇〇さん家の料理」や「〇〇地方の料理」という言い方をする。
医療・衛生
宗教
歴史
政治体制
Life
軍事
警察
交通 船が主流の交通機関。
陸上では馬車が使用されている。
工業・技術
科学
外交 パップン王国の目利きで仕入れられる香辛料は諸外国から高く評価されており、近隣諸国とは友好な関係が築かれている。
気候
教育
商業
特記事項