fictaの使い方

無料アカウントでも、自分の作品を作れます


fictaでは、アカウントを作りさえすれば、無料で自分の作品を作り、公開することができます。なお、無料アカウントの場合、クローズドで管理できるシナリオは一つまでです。それ以外のシナリオは、すべて公開状態となります。


二つ以上のシナリオをすべてクローズドで管理したい場合は、クリエイタープランへのご登録が必要です。詳しくは、「fictaの料金プラン」をご覧ください。


【注意事項】

fictaでは、利用規約第6条1のaにより、「著作権,特許権その他の知的財産権を侵害する行為」を固く禁止しています。

そのような作品をアップロードしたユーザーのアカウントは、一時停止、または削除されることがあります。

その他の禁止行為についても、必ず利用規約をご確認ください。



無料アカウント登録の手順


  1. トップページの右上にある「ログイン」をクリックしてください。

  2. 「アカウント登録はこちら」をクリックしてください。

  3. メールアドレスとパスワードを入力し、「利用規約に同意する」にチェックを入れたら、「アカウント作成」をクリックしてください。

  4. 無料アカウント作成完了です。登録したメールアドレスに、登録完了のメールが届きます。


注)迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合は、弊社からのメールを受信出来ない場合がございます。ドメイン指定受信で「@ficta.online」を許可するよう設定してください。


クリエイタープラン登録の手順


クリエイタープラン(月額980円)にご登録いただくと、クローズドで管理できるシナリオの数が無制限になります。料金プランの詳細は、「fictaの料金プラン」をご覧ください。


  1. 無料アカウント登録後、「アカウント設定」をクリックしてください。

  2. アイコンと名前を設定して、「更新」します。

  3. 「アカウント設定」の「契約」をクリックください。

  4. 左側の「クリエイター」プランのほうに、クレジットカード情報を入力し(クーポンをお持ちの方は、クーポンコードも入力してください)、「プラン更新」を押してください。



  5. 登録完了です。


作品を作る(fictaの基本操作)


作品の作り方


【アカウント設定】

アカウントを作成したら、「アカウント設定」を押します。


アイコンとアカウント名を入力し、アップデートします。


【サンプルデータ作成】

次に、左上の「アカウント」をクリックしてください。すると、「クリエイター」と表示されるので、そちらをクリックしてください。サンプルデータとして「ふしぎのくにのアリス」が自動で作成されます。作成には2分ほどかかるので、ロードが完了するまでお待ちください。

【※注意】サンプルデータは公開することができません。そのため、サンプルシナリオ【ふしぎのくにのアリス】のなかにプロットやストーリーを作成しても、公開できませんのでご注意ください。自分の作品を公開したい場合は、必ず新規シナリオを作成してください


【新規シナリオ作成】

シナリオ作成の動画マニュアルはこちら

サンプルデータのロードが完了すると、「クリエイターズ・スタジオ」に移ります。みなさんの画面上には、「【サンプル】ふしぎのくにのアリス」だけ表示されます。それでは、自分のシナリオを作っていきましょう。サイドバーにある「シナリオ」をクリックしてください。

つぎに、「シナリオ」という文字の下にある黄色いボタンをクリックしてください。


シナリオ作成画面が表示されます。ここで、作品の基本情報(タイトルやログラインなど)を入力します。非公開にしたい場合は、「非公開で作る」にチェックを入れてください(無料アカウントの場合、「非公開で作る」にできるシナリオは一つまでなので、ご注意ください)。
なお、ログラインとは「物語の内容を簡潔に説明する一文」のこと、シノプシスとは「5W1Hで物語全体の流れを説明する筋書き」のことです。



シナリオを作成すると、以下のような画面が表示されます。この画面で「シナリオ編集」を押せば、いつでもシナリオの内容を編集できます。


それでは、プロット作成から始めてみましょう。緑色の「プロット」アイコンをクリックしてください。


【新規プロット作成】

プロット作成の動画マニュアルはこちら

こちらの画面で、黄色いボタンを押すと、新規プロットが作成されるので、画面上部にある「プロット編集」をクリックします。


サムネイル画像や題名などを登録したら、「次へ」を押してください。

ここでは3幕12パートでプロットを作成できるようになっており、各パートにはそれぞれ物語上の役割があります(ハリウッドの脚本術を参考にして設計されています)。もちろん、あらかじめ用意されている12パートを全部使い切る必要はありませんし、各パートの役割も自分流に解釈し直してくださって構いません。

「スクリーン追加」を押して、各パートに場面を追加していきます。そして、スクリーンごとに、画像とその場面の説明(いつどこで誰が何をしたか)を入力します。絵コンテを切るイメージです。


【ストーリー・テンションとエモーションについて】

各パートにある二つのスライドバーは、ストーリー・テンション「物語の緊張度」エモーション「主人公の感情の浮き沈み」を表します。例えば、主人公が危機的状況に陥る場面では、物語は緊張するのでストーリー・テンションは高めに、主人公の気分は沈み込むのでエモーションは低めに、といった感じで、自由に設定してください。ここで設定した数値が、グラフとして表示されます。


【新規キャラクター/ワールド/アーティファクト作成】

プロットが出来たら、次はキャラクターやワールド(物語の舞台設定、世界観)、アーティファクト(物語に登場するアイテムや建造物など)を設計していきます。ストーリーは、プロットとキャラクターを一つ以上作ってはじめて作成できるようになるので、ご注意ください。

この画面でキャラクターをクリックすると、キャラクターページに移動するので、黄色いボタンを押して、新規作成を行います。アーティファクトやワールドも、同じ要領で作ることができます。


注)画像が一枚も登録されていないと、公開設定にしてあっても、トップページには表示されませんのでご注意ください。


【新規ストーリー作成】

最後にストーリーを作成します。ストーリーも、プロットと同じように、3幕12パートで構成します。プロットで設計した各パート、各スクリーンを、ここで物語として仕上げていきましょう。ストーリーの各スクリーンは、文字数制限が140字となっているので、注意してください。紙芝居・絵本として閲覧するときに、制限を超えた文章は切れてしまいます。


【表示形式を選ぶ】

ストーリーが完成したら、表示形式をスライドショーとブック(縦長・横長)から選びます。画面上部の「設定」をクリックすると、設定画面が表示されるので、「表示形式」を選択してください。

作品完成です!


データの公開/非公開設定の方法


  1. 公開/非公開設定を変更したいシナリオを開き、「シナリオ編集」ボタンをクリックしてください。

  2. シナリオ編集画面が表示されます。

  3. 「非公開で作る」にチェックを入れると非公開になります。チェックを外すと公開になります。

  4. プロット、キャラクター、ワールド、アーティファクト、ストーリーの公開/非公開設定をデータごとに個別に設定する仕組みについては、現在準備中です。


データの削除方法


・シナリオの場合
  1. 削除したいシナリオを開き、「シナリオ編集」ボタンをクリックしてください。

  2. シナリオ編集画面下部にある「削除」をクリックしてください。

  3. 削除完了です。


注)削除対象のシナリオに含まれるプロット、キャラクター、ワールド、アーティファクト、ストーリーも全て削除されますので、ご注意ください。


・プロット、ストーリーの場合
  1. 削除したいプロット、ストーリーを開いてください。

  2. ページ上部にある「設定」をクリックしてください。

  3. 「削除」をクリックしてください。

  4. 削除完了です。


・キャラクター、ワールド、アーティファクトの場合
  1. 削除したいデータを開き、画面上部にある「編集」ボタンをクリックしてください。

  2. 編集画面下部にある「削除」をクリックしてください。

  3. 削除完了です。


fictaの詳しい用語解説は、「fictaクリエイターズマニュアル」をご覧ください。