fictaサービス利用規約

第1版(平成28年12月1日施行)

第1条(はじめに)

本規約はクロスリバ株式会社(以下「当社」)の提供するWebサービス「ficta」(http://ficta.online/,以下「本サービス」)の利用条件を定めたものです。本サービスの利用者は,有償無償を問わず,利用申込前に本規約を確認し,同意したものとみなします。


第1章 共通規定


本章の規定は,有償及び無償で本サービスを利用する全てのユーザに対して適用されます。


第2条(利用申込)

1.  本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望者」)は,当社の指定する様式に従い,利用希望者自身の氏名,連絡先その他当社指定の情報(以下「ユーザ情報」)を当社に提出して,本サービスの利用を申込むものとします。当社は利用申込を審査の上,適切と認める場合には利用希望者を「ユーザ」として承認し,本サービスのアカウント(ユーザID及びパスワードの組み合わせをいいます。)を付与します。
2.  利用希望者は,ユーザ情報が真実であることを保証するものとします。ユーザ情報が虚偽または虚偽と疑われる場合,当社は自己の裁量により,利用申込を拒否し,または付与したアカウントを削除する権限を留保します。
3.  利用希望者は,利用申込にあたり,以下の各事項を保証するものとします。
a.  利用希望者が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」といいます。)ではないこと。
b.  利用希望者が法人である場合、当該法人の役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいいます。)が反社会的勢力ではないこと。
c.  反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと。
d.  本サービスの利用に関して、自ら又は第三者を利用して、次の行為をしないこと。
i.  当社または他のユーザに対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
ii.  偽計又は威力を用いて当社または他のユーザの業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
4.  当社はユーザ情報の真実性を確認するため,利用希望者に質問,書類の提示要請その他調査を行うことがあります。利用希望者はかかる調査に協力するものとします。

第3条(アカウントの管理)

1.  ユーザは自己の責任においてアカウントの管理を行うものとします。
2.   ユーザは第三者に自己のアカウントを譲渡し,貸与し,その他方法のいかんを問わず使用させてはなりません。アカウントを利用して行われた行為は、そのアカウントを有しているユーザが行ったものとみなします。
3.   ユーザは1人につき1個のアカウントのみ保有することができます。
4.   ユーザIDやログインパスワードが第三者に漏洩した場合,または第三者に不正に利用された場合はただちに当社にご連絡ください。なお,ユーザの行為を原因として不正なユーザIDやログインパスワードが使用され発生した損害について,当社では一切責任を負いません。
5.   ユーザ情報に変更があった場合,ユーザは当社の指定する様式に従い,当該変更について当社に通知するものとします。

第4条(アカウントの停止及び削除)

1.  以下各号のいずれかに該当する場合,当社は自己の裁量により,ユーザのアカウントを一時停止し,または削除することがあります。
a.  本規約または法令に違反する行為があったとき
b.  6ヶ月以上本サービスの利用がないとき
c.  当社からユーザに連絡がとれなくなったとき
d.  ユーザの利用態様に関して,第三者から苦情申立てがあり,当社がその申立てを相当と認めるとき
2.  前項の措置に起因するユーザの損害について,当社では一切責任を負いません。

第5条(ユーザ情報の提供)

1.  当社はユーザ情報を本サービス提供の目的にのみ使用し,第三者に開示しません。ただし,以下の場合はこの限りではありません。
a.  裁判所の判決または命令があるとき
b.  警察その他の捜査機関から法律上の根拠を有する要請があったとき
c.  特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条の手続,その他法令に基づくとき
2.  前項にかかわらず,当社はユーザ情報からユーザ個人を特定し得る情報を除いて匿名化したものを,本サービスの品質向上その他当社が適切と認める用途に使用し,または第三者に開示することができるものとします。
3.  ユーザ情報のほか,当社はユーザのアクセスログ(アクセス時刻,IPアドレス及びユーザエージェント情報を含む。)を記録することがあります。アクセスログは前2項に準じて取り扱うものとします。

第6条(禁止事項)

1.  ユーザは,本サービスの利用にあたり,以下各号の違法行為をおこなってはなりません。
a.  著作権,特許権その他の知的財産権を侵害する行為
b.  プライバシーを侵害する行為
c.  犯罪を構成する行為(侮辱,名誉毀損,詐欺,業務妨害及びわいせつ物頒布を含みますが,これらに限りません),もしくはそれを幇助し,または教唆する行為
d.  その他法令に違反する行為
2.  ユーザは,本サービスの利用にあたり,以下各号の不適切行為をおこなってはなりません。
a.  人種,信条,性別,社会的身分または門地に基づく差別行為
b.  過度の残酷表現,性的表現その他他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示する行為
c.  嫌がらせ,誹謗中傷,なりすまし,その他他人への加害を意図し,または風評被害をもたらす行為
d.  本サービスと無関係な広告,宣伝,勧誘その他営業行為
e.  本サービスと無関係な政治的,宗教的,社会的運動に利用する行為
f.  本サービスの仕様を解析し,リバースエンジニアリングをする行為
g.  大量のアクセス等により本サービスに過大な負荷をかける行為
h.  その他当社が自己の裁量により迷惑行為と判断する行為

第7条(ユーザコンテンツ)

ユーザが本サービスに投稿する文章,画像,楽曲その他の著作物(以下「ユーザコンテンツ」)の扱いは以下のとおりとします。

1.  ユーザは当社に対し,ユーザコンテンツについて,自己が著作者であること,または自己が適法な利用権限を有することを表明し,保証します。
2.  ユーザは当社に対し,ユーザコンテンツが当社または第三者の肖像権,営業秘密,特許権,著作権その他知的財産権を侵害しないものであることを保証します。
3.  ユーザは当社に対し,ユーザコンテンツを本サービス上で無償で複製し,公衆送信し,改変し,その他本サービスの提供及び広告宣伝に資する一切の著作権(当社が第三者に再許諾する権利,ならびに著作権法27条及び28条の権利を含む。)を非独占的に許諾するものとします。
4.  前項の利用許諾は,一切の地理的条件,時間的条件その他特別の条件なく付与されるものとし,ユーザーが本サービスの利用資格を失った後においても,ユーザコンテンツの知的財産権が存続する限り継続します。
5.  ユーザは,本サービスの提供及び広告宣伝において,ユーザコンテンツが縮小,要約その他の改変を受け,または氏名表示が省略される場合があることを了承するものとします。
6.  ユーザコンテンツに起因して第三者と紛争が生じた場合,ユーザは自己の負担と責任において当該紛争を解決するものとし,当社は一切の責任を負いません。
7.  前条第1項または第2項に違反するユーザコンテンツが投稿された場合,当社は当該ユーザコンテンツの一部または全部の公開を停止し,もしくは削除することができるものとします。

第8条(広告の表示)

1.  本サービスにおいては,当社と提携した広告業者により広告が掲載されることがあります。当社は当該広告において表示される商品またはサービスと無関係であり,広告の内容について責任を負いません。
2.  広告の表示に際して,広告業者はユーザについて匿名の統計的な利用状況を取得し,それに基づき表示する広告内容を最適化することがあります。

第9条(ユーザとの連絡)

当社のユーザに対する連絡,またはユーザの当社に対する連絡は,ユーザ情報に登録された電子メールアドレスを用いた電子メール,本サービスのメッセージ機能,本サービス上のフォーム送信,または本サービスのトップページへの掲示によって行うものとします。


第10条(無保証)

1.  本サービスはいかなる保証も伴わず,現状有姿により提供されます。当社は本サービスについて,以下の各事項を含むいかなる保証も行いません。
a.  ユーザの要求に合致すること
b.  本サービスが中断されないこと
c.  本サービスが安全であること
d.  本サービスにおいていかなるエラーも発生しないこと
e.  ユーザコンテンツが恒久的に消失しないこと
f.  その他本サービスの機能または性能に関する一切の保証
2.  ユーザは前項の無保証を承諾し,自己の責任において本サービスを利用するものとします。

第11条(本サービスの変更及び終了)

1.  当社は,本サービスの機能その他提供内容を,ユーザへの事前の通知なく変更することができます。
2.  当社は,本サービスを,最低10日間の予告期間をおいて停止または廃止することができます。
3.  前2項に起因するユーザの損害について,当社では一切責任を負いません。

第12条(退会)

ユーザは,当社指定の様式に従い当社に対して退会の通知をすることにより,本サービスを脱退することができます。

第13条(規約の改正)

当社は本規約をユーザの個別的同意なく改正することができます。規約を改正する場合,当社は改正日の1ヶ月前までに各ユーザに対して改正の旨を通知するものとします。改正に関して改正日までにユーザから異議の申立てがなかった場合,ユーザは改正に同意したものとみなし,改正日をもって改正後の規約が適用されます。異議を申し立てたユーザは,改正日をもって本サービスの利用資格を喪失します。


第14条(準拠法及び管轄)

1.  本規約は日本法に基づき解釈されるものとします。
2.  本サービスに起因する訴訟は,その訴額に応じて,東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第2章 有償ユーザに関する規定


本章の規定は,有償で本サービスを利用する全てのユーザに対して適用されます。


第15条(有償プランの申込み)

1.  有償プラン(Creator,Organization及びEnterpriseをいいます。)の利用を希望する者は,当社の指定する様式に従い,ユーザ情報を提出して申込むものとします。当該申込みについては,第2条各項の規定が準用されます。有償プランの申込みについて当社が承諾した者を以下「有償ユーザ」といいます。
2.  各有償プランのサービス内容及び料金体系は別途定めるところによります。

第16条(代金の支払い)

1.  有償ユーザは,当社の認める決済方法のうちいずれかひとつを申込み時に選択し,当該方法によって料金を支払うものとします。
2.  有償ユーザが料金の支払いを支払期日より遅延した場合には,支払期日の翌日から支払いの日までの日数について年利14.6%の割合で計算した額の遅延利息を当社に支払うものとします。

第17条(不払いによる利用停止)

有償ユーザが前条の支払いの一部または全部を怠ったときは,当社は有償ユーザのアカウントを一時停止し,または削除することがあります。


第18条(更新時の支払い)

有償プランは,有償ユーザがあらかじめ更新拒絶の手続をとっていない限り,自動更新されます。有償ユーザは,更新拒絶の手続をとらなかった場合には,更新後の料金を支払うことについて承諾したものとします。


第19条(料金等の変更)

1.  当社は有償プランのサービス内容及び料金体系について,基準日の1ヶ月前に予告することにより,各有償ユーザの個別的同意なく変更することができます。
2.  前項の変更は,基準日時点においてすでに申込済の有償ユーザの料金には影響しません。有償ユーザは,基準日から最も近い将来の有償プランの更新時点において,変更後の料金を承諾するか退会するかを選択することができます。

第20条(有償プランの退会)

有償ユーザは,当社指定の様式に従い当社に対して有償プラン退会の通知をすることにより,有償プランを脱退することができます。このとき,有償ユーザのアカウントは無償のユーザになったものとして扱います。

第21条(返金措置)

1.  当社の責に帰すべき事由により,有償ユーザに対する本サービスの提供が24時間以上中断し,または本サービスを終了することとなった場合には,当社は有償ユーザに対し,有償ユーザが本サービスを利用できなくなった期間と有償プランの期間の割合に応じて,日割りで,すでに受領した料金から相当額を返金するものとします。
2.  前項の場合を除き,当社は有償ユーザから受領した料金を理由のいかんを問わず返金しません。

第22条(損害賠償)

本サービスに起因して有償ユーザが損害を受けた場合,不法行為,債務不履行その他法律構成のいかんを問わず,当社が負うべき損害賠償責任は,損害発生時から過去1年間に当該有償ユーザから当社に対して支払われた料金の合計を上限とします。